パイナップル豆乳ローションの違い

口コミで人気のノイスでひげ女子の悩みを改善!

パイナップル豆乳ローションの違い

ノイスというスキンケアクリームは美肌と抑毛効果のある化粧品クリームですが、パイナップル豆乳ローションも似たような機能性の化粧品ですよね。違いはクリームとローションというもの。販売店もルートもだいぶ違ってきています。

 

中身の違いは何なのでしょうか?パイナップル豆乳ローションにはパイナップルやパパイヤなどのフルーツ酵素がプラスされているので、抑毛効果と黒ずみ解消効果が強化されているものだそうです。

 

一方で、ノイスもパイナップル豆乳ローションと同じような抑毛効果と黒ずみ解消、美肌効果があります。ただ、ノイスには独自処方のフィリニーブが配合されています。

 

ノイスには天然の女性ホルモンとして有名なイソフラボン・黒大豆エキス・エクオールが含まれていて、毛を薄くする作用が確認されています。また、独自処方の「フィリニーブ」これが抑毛効果のある成分で、毛が生える周期を遅らせる、弱らせる、細くする・・という効果があるそうです。

 

ザクロエキスにプエラリアエキスを配合していますので、上記3つの大豆エキスとの相乗効果でさらに女性らしく、うぶ毛はうすく、ひげも生えにくくなり、お肌がつるつるになるというわけなのです。

 

ノイスは顔の産毛・ひげ用に開発された抑毛専用のスキンケアクリームです。抑毛効果は確実にあります。なぜなら、顧客満足度98.5%という数字があるから、ほとんどの方は、ノイスは顔の産毛とひげを薄くするのに、抑毛効果を実感したと考えているのです。

 

意外にも、働く女性のほとんどが自宅でちゃんとお手入れをしていることがわかっています。カミソリ、電気シェーバー、毛抜き、除毛剤、脱色など色々ありますが、どれも肌の状態を悪くする方法ばかりだというのはわかりますよね?つまり、かみそりみたいなので処理をしているのでかぶれた、毛抜きで抜いて腫れてしまったなど、さらに悩みをかかえることになりかねません。

 

ちなみに、ノイスは雑誌でも取り上げられ、一時的に完売になったほど人気のクリームなのです。また、加齢で女性ホルモンが減ってくると、ひげが生えることがわかってきています。いま、髭女や女性のオス化という言葉が普通に使われるようになってきました。

 

実は、女性ホルモンが多い人は無駄毛が少ないというのは、周知の事実ですよね?それを利用しているのが、このノイスなのです。成分は天然の女性ホルモンとして有名なイソフラボン・黒大豆エキス・エクオールです。女性ホルモンと同じ働きをするので、うぶ毛対策だけでなく、お肌にも良い効果が期待できますよ。

 

さらに、最近女性ホルモンと同じ作用を持つと言われ始めた、ザクロエキスにプエラリアエキスを配合していますので、上記3つの大豆エキスとの相乗作用があります。だから、うぶ毛はうすく、ひげも生えにくくなったり、お肌がきめが整うというわけです。

 

⇒ノイスについてもっと知りたい方はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る