顔の産毛処理グッズ

顔の産毛処理グッズ

顔の産毛処理グッズはたくさんありますが、一番多いのはやはりネット上の通販ではないでしょうか?大手楽天市場やアマゾンで「顔の産毛処理グッズ」と入力すれば多くのものが表示されます。

 

その中でも、一番オーソドックスなのが、顔剃り用のかみそり、電気シェーバー、毛抜き、脱毛ローラー、除毛クリーム、脱毛シールなど、ありとあらゆるものが出てくると思います。

 

女性雑誌でもムダ毛処理グッズとして、顔の産毛処理用のものが特集されたりしていますので、今や、顔の産毛を処理しているのが当然という風潮ですよね。でも、女性同士の会話でもあまり話題にならないのが顔の産毛処理についてです。

 

ただ確実なことは、女性の社会進出が進み、男性化が進み、女性ホルモンが減り、女性のオス化が顕著化している中で、体にもその症状が現れてきています。びっくりしたことですが、社会で働く女性の半数以上が、鼻下やあごの濃い産毛(ひげ)や産毛を処理しているそうなのです。悩んでもいるそうなのです。だから、顔の産毛処理グッズがたくさんあっても全然おかしくありません。

 

それでも、根本的な生活を見直さないと、永遠にひげや産毛は濃くなる一方ではないでしょうか?女性ホルモンを男性ホルモンよりも優位にさせるのは、まずは女性ホルモン様といわれている、同じ作用のある食べ物を摂取することです。

 

サプリメントなら簡単に摂取ができますが、本来であれば、食品からが一番自然ですよね。日本食には大豆製品や発酵製品にイソフラボンが含まれていますので、そういった食事を規則正しく食べていれば、何ら問題はないと思います。

 

もう1つが睡眠の質を上げることです。時間も6時間以上を目安に眠ってください。ハーブティーや甘酒などを使って、リラックス状態でベッドに入りましょう。直前までスマホで何かをしているのは脳が興奮状態ですので、睡眠の質は下がる一方です。さらには、喫煙、アルコールなどは男性にまかせておいて、女性はやめておいた方がいいです。

 

アマゾンに戻りますが、抑毛クリーム・ローション以外には、産毛パックがありました。これは抑毛クリーム・ローションとは違って、パックという名の除毛剤で、これを塗って少し時間を置いてヘラで落としたり、はがしたり、根こそぎ産毛が取れるというものでした。脱毛テープのクリームバージョンのようなものでしょうか。

 

一応スキンケア効果もありますと記載がありましたが、毛を溶かすような薬剤が入っているクリームは使わない方がいいと思います。

 

⇒顔の産毛用クリームがあるって知ってましたか?